星野研究室HPロゴ
HOSHINO LABORATORY トップページ 研究組織 研究紹介 研究業績 なし なし
TOP PAGE The Latest Research



星野研究室

 
第一原理計算によるナノマテリアルの原子構造・電子構造
  ● ナノマテリアルは結晶では存在し得ない局所原子構造が可能 → いろいろな物性を発現 !!  
 
 
本研究の特徴:
 
  いろいろな材料物性を原子レベル(原子構造・電子構造)で説明、材料設計につなげる。  
 
本研究の第一原理計算:
  密度汎関数法+KKRバンド計算法  
         
 
最近の研究例

1.Al高濃度AlX(X=Sc,V,Mn)合金の原子構造

Al3ScAl高濃度AlCu析出強化合金はMgの添加でさらに高強度化。 軽 くて、リサイクル性に優れているので、車の bodyとして期待されている。なぜ、Mgの添加で強度はますのか。Cu析出集合体の形・サイズがMgの添加で変わる?


2. Zr70Cu30金属ガラス中の局所原子構造

  この金属ガラスは非常に安定で工業材料として使われている。この金属ガラスの安定性は (c)のicosahedronによる?

hcp


3. ホイスラー合金(Co
MnSi)の電子構造(状態密度)

  スピントロ二クス材料として期待されて いるが、原子位置交換で磁性は大きく変わる?

Co2MnSi